丸平皿 A 鈴木稔

Φ17cm

割型(石膏で作った型)で作陶する際に、つなぎ目に微妙にできる土の盛り上り部分は、あえて削らず、人の手で作ったという痕跡を残すためのもの。 益子の土と伝統的な釉薬を使っていますが、北欧の陶器などからもインスピレーションを受け、モダンなフォルムの作品が多いのも鈴木稔さんの特徴です。
購入数
Soldout