小代瑞穂窯・福田るい

熊本県の小代山麓で約400年前から作り続けられている小代焼き。その窯元の一つ瑞穂窯。二代目となる福田るいさんは大学卒業後、益子で人間国宝、島岡達三氏に最初の女性の弟子として師事。伝統的な技法と釉薬に「しのぎ」(工具で削ってできる稜線文様)も取り入れ、女性らしいデザインとフォルムが現代のライフスタイルにも、すっとなじみます。また、ワラ灰釉は配合や焼き方によって黄、青、白と様々な表情を見せてくれ、さらに、その素材となるワラも、無農薬で作られる田んぼのものを使うなど、素材までこだわり抜くその器からは、福田さんの哲学が滲み出ているかのようです。

福田るい

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 12商品中 1-12商品
  • 次のページ